あたたかい住まいをつくろう

エアコンの仕組みからわかるエアコン選び

日本の夏には欠かせないものとなったエアコンですが、仕組みについては意外と知らない方も多いのではないでしょうか。快適性、経済性を大きく左右する省エネ性能も日進月歩です。家電とインテリアに精通した戸井田園子さんに、エアコンについてうかがいました...

広葉樹の床材

日本の針葉樹を代表するスギとヒノキを取り上げた前回に続き、今回は広葉樹を紹介します。そもそも、針葉樹と広葉樹はどう違うのでしょう? わかりやすいのは葉と樹木の形の違い。スギやマツやヒノキといった針葉樹は、葉が針のように細く、幹がまっすぐ伸び...

気密− 知っておきたい住まいの熱講座

気密ってなに?
心地いい家をつくるために知っておきたい、住まいの温熱環境について取り上げる連載です。前回の「断熱」に続いて、今回は「気密」について。 断熱と気密はセットで考えなければならない、家づくりの大事なポイントです。 LECTURE01 気密...

熱交換換気装置―熱を操る省エネ機器

熱交換換気装置をご存じですか?聞き慣れない機器ですが、高断熱・高気密住宅には欠かせないものなのです。 どんな役割を果たしてくれるのか、建築家の御前好史さんに教えていただきました。 日本で熱交換換気装置が広まってきたのは、ここ10年く...

「あたたかい暮らし」って何だろう?あたたかい住まいに大切なこと

私たちがめざしたのは、心を豊かにし、健康を育み、経済的にもやさしい「あたたかい暮らし」の実現です。 生き物が、厳しい自然環境や外敵から命を守り、安心して棲むための器が「巣」です。ヒトのすみかである住まいの本質を私たちは「巣」だと考えます。...

断熱 − 知っておきたい住まいの熱講座

心地いい家をつくるために知っておきたい、住まいの温熱環境について取り上げる連載です。1回目は、「断熱」について。 断熱とは、どういうことなの? そのメリットは?基本をわかりやすく説きます。 LECTURE01 なぜ断熱するの? 冬...

日本の針葉樹の床材

山地の多い日本では、国土面積の7割近くが森林。そのうち人工林は約4割で、ほとんどが針葉樹林です。代表的なのはスギ(杉)、ヒノキ(檜)、地域によってカラマツ、アカマツなど。針葉樹は成長が早く、加工もしやすく、建築用材に適しているため、第二次世...

最新記事

人気記事